×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ガソリン携行缶の取扱い注意

規格は消防法で定められているガソリン携行缶とは、ガソリンを持ち運ぶための金属製容器のこという。
ホームセンターやカー用品店などで販売されている。市販品の多くは0.5〜20リットル程度の容量。
事故や事件が続出したことからポリタンクに入れ運搬する際のガソリンを、行政指導により携行缶以外への
ガソリン給油をガソリンスタンドでは事実上禁止している。
ただしセルフ式による携行缶への自己給油は行政指導により行なえず、必ずスタンドの店員に給油してもらうことになる。
そのことからセルフ式ガソリンスタンドではハイオク・レギュラー・軽油などを給油する事ができない。 
給油には、火気や引火物のない環境で行わなければならない。
直射日光や高温環境を避け運搬時は特に注意して行わなければならない。
マイナス40度以下でも気化する性質があるのでガソリンタンクの蓋をいきなり開けると内圧で吹き出す場合がある。
使用したホースをよく乾燥させるか洗浄すること。特に気化したガソリンは爆発を招く事もあるので、
使用後は缶を開けっ放しにしないこと。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

携行缶のガソリンを管理するには?

ガソリン携行缶の使用にはゴミや水分の混入等には特にに気を付ける
缶の錆び等のため長期のガソリン保管は向かない。
ガス欠防止のためガソリンスタンドの少ない場所をガソリン携行缶を積んでの走行には特に注意する。
ガソリン携行缶は農業機械や小型船舶、草刈機、チェーンソーなどの小型エンジンを搭載する器具の給油用としてまた
競技用車両が公道外を走行する際の給油用としても用いられる。
ガソリン携行缶には金属製で塗装が赤くなっているものが多く、付属品として給油口へつなぐ伸縮式のポリエチレン製のホースが付いている。
高温環境を避け直射日光や運搬時は特に注意して行わなければならない。
ガソリンはマイナス40度以下でも気化する性質があるのでガソリン携行缶の蓋をいきなり開けると内圧で吹き出す場合がある。
使用したホースをよく乾燥させるか洗浄すること。特に気化したガソリンは爆発を招く事もあるので、
使用後はガソリン携行缶の蓋を開けっ放しにしないこと。

ガソリン携行缶の利便性と注意

ガソリンスタンドの少ない場所を走行する際のガス欠防止のためにガソリン携行缶を積む。
運搬時は、直射日光や高温環境を避けなければならない。
ポリタンクにガソリンを入れ運搬した際に事故や事件が続出したことから、行政指導によりガソリンスタンドでは
消防法で規格は定められているガソリン携行缶以外へのガソリンの給油を事実上禁止している。
ただしセルフ式による自己給油は行政指導によりガソリン携行缶でも行なえず、
必ずスタンドの店員に給油してもらうことになるために
セルフ式ガソリンスタンドではレギュラー、ハイオク、軽油等を給油する事ができない。
ガソリン携行缶の使用時には、火気や引火物のない環境で給油を行わなければならない。
ガソリンはマイナス40度以下でも気化する性質があるので、ガソリン携行缶の蓋をいきなり開けると内圧で吹き出す場合がある。
気化したガソリンは爆発を招く事もあるので、使用後はガソリン携行缶の蓋を開けっ放しにしないで蓋を閉めること。
また、使用したホースはよく洗浄し乾燥させる。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 ガソリン携行缶の正しい使い方